組織案内
一般社団法人 香川県建設業協会 組織の紹介

一般社団法人 香川県建設業協会
 会 長  森 田  紘 一
 
  一般社団法人 香川県建設業協会ホームページへアクセス頂き、ありがとうございます。

 私共の一般社団法人 香川県建設業協会は、昭和23年の4月の設立以来、半世紀余り、舗装・建築・土木の各会員企業が一致団結し、関係機関とも連携を図りながら、建設業に関する学術、技術の発展と、会員企業の資質の向上に務め、且つ災害に関する復旧支援や地域ボランティア活動を通じ、微力ではありますが、地域社会に貢献して参りました。

 ご高承のとおり、先行きの見えない経済の低迷のなか、公共事業のあり方だけではなく、地域建設業の役割や建設業協会自体のありかたにも、一般社会からの厳しい目が向けられております。  
 そのような中、地域を担い、地域の信頼されるベストパートナーの企業集団となるために、何をすべきなのかを、固定観念に囚われず模索し、即、実行していかなければならない時期にきております。
 地域の生活・産業基盤の整備、健全で快適な県土づくりのため、その使命を担っていくことや、低迷している地域経済を活性化すること、雇用面等の受け皿としての役割を果たして行かなければならないことはいうまでもありません。
 また、各企業がそれぞれの地域、分野で努力していることや、会としての取り組みを、技術力や社会貢献度などとして明確にし、会員と非会員の差を地域社会に分かりやすくアピールしていく必要もあります。
 併せて、社会資本整備の担い手として携わってきた今までの経験を生かし、「この地域の豊かさとは何か」、また、そのために「地域に根ざす企業として何をすべきか」について、地域の様々な声を聞きながら、地域の皆さんと一緒になって考えて行くことが重要です。

 確かに、他の産業と比べて、一般社会へのアピールが不足していたということも否めないところです。
 しかし、現状の建設業に関しての一般的な誤ったことが多い認識が通り一辺倒になることは、地域社会にとっても、業界にとっても良くない結果となることは目にみえております。

 当初は平行線の認識も、一歩踏み込んで情報を公開し、その内容に対する意見を頂きながら、本音の議論を重ねていくことで、少しづつコミュニケーションを図れるところも出てくるのではないでしょうか。

 そこで、コミュニケーションを図るための1つの窓口として、加えて、2003年4月から、国土交通省が直轄事業に電子入札が全面導入され、当県においても、2002年度末に香川県CALS/ECアクションプログラムが策定。2004年度には1部、試行運用が始まり、2007年度までにほとんどのシステムが本運用となる予定で進められており、その動きに沿って、行政機関を始め、関係団体の通信手段もITを使った方法へ転換されていくことに対応した通信手段を確立するためにも、2002年度に開設を致しました本ホームページを、



(1) 協会の活動等について広く一般社会へ広報することと、一般社会から情報収集をすること
(2) 関係各団体との情報の共有と情報伝達の即効制を高めること
(3) 諸機関の、建設CALS/ECのシステム導入を踏まえて、会員のIT順応能力を高めること
(4) 事務処理の合理化を図ること

  の目的に沿って活用していかなければなりません。  

 ご来場の各位におかれましては、当サイトを閲覧頂き、当会の活動についてご理解を頂くとともに、ぜひ、本音のご意見を賜りますよう、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。


事務局所在地] 
一般社団法人 香川県建設業協会 本部事務局
〒 760-0026 香川県高松市磨屋町6-4
TEL 087-851-7919(0845)
FAX 087-821-4079
(E-mail kakenkyo1@kaken-honbu.or.jp)